京都市に掲げられている看板に対する取り組みが、とても厳格化されてきています。景観が美しい状態を維持し続けることによって、将来に引き継いでいくための新景観政策が実施されています。その政策の一環として、市が主催する屋外広告物部門の景観賞が創設されました。街並みに馴染む広告物を表彰して、美しい景観の維持を守り続ける役割を果たしています。そして、屋外広告物適正表示宣言事業所認証制度を策定して、綺麗な街づくりに同意してくれて、積極的に取り組む企業を募集しています。そこまで厳格な規制を設けることによって、美観を損なわない街づくりに取り組んでします。少しでも規制を緩めることによって、全体的に悪影響が広がってしまうという観点から現状に至っているとされています。

ショップサインを掲げるときに注意すること

京都市では景観条例が制定されています。このことは奈良市と同じなのですが、景観を損ねてしまうような高層オフィスビルや、高層マンションを建築するのを景観を維持するために禁止する条例となっています。景観条例では景観を損ねてしまうような看板を出すことを禁じています。具合的には青や、赤などの目立つ色彩を利用した広告物を出してはいけないことになります。店舗を出店したり、リニューアルするときにはショップサインの配色などに気を配る必要があります。この都市でショップサインなどをデザインするときには景観条例の内容を熟知している地元の製作会社にデザインを依頼するのが良い方法の1つとなります。店舗のロゴマークなどに使うことができない形状や、色などがあるときに地元の製作会社なら、ちゃんと対応してくれます。

広報の業務である広告物作成は制作会社に依頼する

起業して、会社を立ち上げて、事業をスタートさせるときに必要となるのが宣伝になります。宣伝を行うのは、立ち上げたばかりの会社であれば社長が自ら行うことになります。会社の規模が大きくなれば、営業部門は欠かせない存在となってきます。そのような営業活動を支援するのが、広報の役割となります。広報は来客を応対したり、ダイレクトメールを発送したりするだけでなく、看板を作成する業務もあります。制作作業は、専門の製作会社にお願いするのが良い方法の1つとなります。製作会社の中でも、京都市の製作会社が非常に信頼できます。この都市では厳しい景観条例の規制の下でも優れたデザインを提案できる技術力があるためです。依頼をすると、要望に応じた制作が進められ、完成したら依頼者に届けられます。