看板は別名「屋外広告物」とも言われます。屋外広告物はお店の顔でもあり、同業者や他店より目立つものを掲げているお店がたくさんあります。特に飲食チェーン店やコンビニエンスストアなどはどこの地域も同じ屋外広告物で統一して、見付けやすくなっている特徴があります。
ロゴの形や色が見慣れている屋外広告物はどこに行ってもあります。しかし、日本中で1カ所だけ見慣れているはずのお店の屋外広告物が違う地域があるのです。派手な色合いの飲食チェーン店の屋外広告物も、緑色で目立つロゴのコンビニエンスストアの屋外広告物も全て白色や黒色のシンプルな色合いになってしまっている地域があります。
そんな屋外広告物を見たことがあるという人も、そんな屋外広告物を見たことがないという人もぜひこの機会に思い起こしてみてください。どこかで一風変わった屋外広告物を目にしている人は多いはずです。

看板の色が変わるだけで印象が変わる

屋外広告物は生活の中でも無意識に見ているものです。普段行くお店だとあまり意識していないかもしれませんが、新しく建設中のお店の屋外広告物には目を向けます。それは、どんなお店ができるのか屋外広告物を見れば分かるからです。それぐらい屋外広告物は日常に溶け込んでいる物なのです。
しかし、日本で唯一、屋外広告物を法律で規制している地域があります。それは古よりの景観を大切にする京都です。国際観光文化都市でもあり、海外からの観光客も多いこともあり景観を保持するために屋外広告物を規制しているのです。確かに、古都の景観に赤色、黄色、緑色のロゴが入った屋外広告物は似合いません。実際、原色を使った屋外広告物を出している飲食チェーン店やコンビニエンスストアのロゴは白色や黒色の落ち着いた雰囲気になっています。

京都の看板には意外と深い意味がある

屋外広告物を規制しているだけではなく、なんと店内からガラス越しに外に向けて貼ってあるポスターも規制対象になっている区域もあります。規制は区域ごとで決まっていますが、ほとんどの区域がが厳しい規制になっています。
飲食チェーン店やコンビニエンスストアだけではなく、商業広告以外の営利を目的としない物まで規制対象になっています。徹底した規制で街の景観を守ろうとする姿勢は、海外からの観光客だけではなく日本人観光客からも支持されています。
皆さんも一度、京都に観光に行く機会があれば屋外広告物に注目してみてはいかがでしょうか。普段何気なく見ている屋外広告物の色が違うだけで、印象がガラリと変わってしまうことに驚くことと思います。それだけ屋外広告物は何気なく見ているようで、実は印象的な物ということになります。